世界一長いフィリピンのクリスマス!

こんにちは、アドバイザーMANAMIです。
日本ではクリスマスとして過ごすのは12月24日と25日の2日間ですよね。
しかし、フィリピンは世界で一番クリスマス期間が長いんです!

9月から始まるクリスマス準備

フィリピンでは”Ber month”と呼ばれる期間があり、September(9月)、Octorber(10月)、November(11月)、December(12
月)の”Ber”がつく期間をクリスマスシーズンとします。
(と言いつつ1月半ばまで引きずっています)

学校からすぐのカフェもクリスマス仕様に!
街にはイルミネーションやツリーが飾られます。
まだハロウィンも終わってないのですが・・・。笑

クリスマスパーティー三昧!

12月に入ると学校や会社など様々なところでクリスマスパーティーが行われます。
フィリピン人にとってこれはとても重要なイベントだそうです。
会社でクリスマスパーティーなんて日本じゃ考えられませんね。

もちろん、First Classでもクリスマスパーティーを開催!
プレゼント交換、ゲーム、ダンスなどの出し物、食事などみんなで楽しみました。
クリスマスパーティーではドレスコードが指定されている場合が多く、今年は「白」。

私は連日、ジムや友人たちとのクリスマスパーティーでした。

12月はクリスマスパーティーでカフェなども閉まっていることがあるので注意してくださいね。

クリスマス当日の過ごし方

9月からこんなにぶっ飛ばして、クリスマス当日は何するの?という疑問はあるはずです。
日本のクリスマスでは友達や恋人と過ごすイメージがありますが、フィリピンでは家族で過ごします。
カトリック教徒が多いフィリピンではクリスマス当日は家族で教会に行くことも。
この日はモールやレストランなども早く閉まることもあります。

クリスマス終了

12月24日、25日が過ぎると、長いクリスマスがやっと終わった~と思いきや、まだまだ続きます。
セブ島では1月の第3週目の日曜日に行われる「シノログ祭」を目途にクリスマスが終了します。
その期間、何と約5ヵ月!
1年のうち約半分はクリスマス期間の常夏の国・フィリピン。
留学で訪れた際には街がクリスマス仕様になっているかもしれません。
暑い時期に過ごすクリスマスはなんだか不思議ですが、良い思い出になります。

人気ブログランキング1位 ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
ブログランキング参加中!!
にほんブログ村

セブ島ランキング